記憶の中のフィンランド

フィンランド留学時代の記憶を元に。アフィリエイトでガッポガポ作戦。

雪融けの季節は外に出よう。

お世話になります。

う〜しま〜です。

 

Ouluで、雪融けの季節といえば、5月。

もう春到来という感じ。

 

 

春といえば、Antonio Lucio Vivaldiの『四季(Le quattro stagioni)』の『春(La Primavera)』が有名ですが、私は"L'estro Armonico"(『調和の幻想』などと訳される)の方が好きです。

 

ええ。どうでもいいですね。

 

でも、せっかくなので、こちらのyoutube音源を是非聴いてみてほしい。たったの1時間37分17秒あれば、聴けちゃうので。ちょうど、OuluのLinnanmaaからkeskustaまで歩きながら聴けば、ちょうど街中に着くくらいで全部聴くことができる。最高だね。まあ、1時間37分17秒なんて、すぐだから。体感では5分みたいなもん。

 

www.youtube.com

 

いやあ、ヴァイオリンいいなあ。

フィドルも好きだけど、ヴァイオリンもテンション上がる。

でも、あの有名なstradivariusの音についてはなんだか納得いかん。軋んでいて、いい音なのかイマイチわからん。ところで、ストラディヴァリはイタリア人で、ヴィヴァルディもイタリア人。天沢聖司くんもイタリア留学に行くって言ってたから、ヴァイオリンと言えばイタリアなのかしらん?

 

それは置いておいて。

 

で、ヴァイオリンと言えば、Niccolo Paganini(イタリアのGenovaのヴァイオリニスト)も外せない(パガニーニは演奏が上手すぎて、悪魔に心を売り渡して、その演奏を手に入れたなんて、言われるくらい)って思うと、今度はパガニーニも聴いてほしい、ってなるじゃん。

 

ってことで、パガニーニもどん!

 

www.youtube.com

 

パガニーニは、Franz Peter Schubertが家財道具売り払ってまで、演奏を聴きに来たって云うし、失恋中のFranz Lisztとかにも影響を与えたすごい人物。

 

で、パガニーニと言えば、パガニーニ好きで知られる、ギタリストYngwie Malmsteenも聞いた方がいいんじゃないか、って思うじゃん。やはり、音楽は洗練されていくと、Metalにたどり着く。

 

www.youtube.com

 

Yngwieはへーいって感じ。

 

やべ、話が飛び過ぎた。

 

 

 

 

 

 

さて、雪融けの話。

春になると、雪融け水で川の水位が上がることは日本でも見られる現象だけど、当然だけど、寒い地域ほどそれは顕著。

 

水位の上がった小川

水に沈んだ植物

ムーミン谷の大洪水は、こういうのをイメージして書かれたのかな、とちょっと思った。だけけど、あれ、夏の物語だったと思うんだよな。ちょっと雪解けの春とは時期がずれているから、関係ないかも。

 

 

友人のコテージもちょっとした洪水みたいになっていた。

私がお邪魔するより前はもっと水に沈んでいたらしい。写真はないけどね。

 

湖の水もひたひた

もっといい写真もあるんだけど、コテージとか載せる許可を取っていないから、やめておいた。

 

 

こんな風に、あちこちの川からこんなに水が流れ込んだら、バルト海なんて溢れ出してしまいそうだけど、水位上がったりしていないのかな。と思ったら、思ったより水位は上がっていない。不思議。

 

en.ilmatieteenlaitos.fi

 

 

でも、塩分はこの時期薄くなっていると予想している。だけど、海水の塩分の季節的変化を見ようとすると、気候変動の論文ばかり出てきて、うまく見つけられなかった(ちらっと見た感じ、バルト海では世界的に見て珍しいくらいの低塩分で、長期的なデータがある。かつ、この低塩分に生物が適応している。そのため、気候変動の影響で、海水の揮発量と流入量が変動してしまうと、この塩分も変動し、これが長期的にどのように生物に影響するかを調べている模様)。

 

一応、バルト海は海水表層の塩分が薄い海だという話は有名。

普通の海の5分の1くらいの塩分しかないので、バルト海で泳ぐ機会があれば、舐めてみてほしい。私もバルト海はサウナでた時に泳いでいるはずなんだけど、その時はバルト海の塩分なんて意識していなかったから、記憶にないんだよなあ。

 

www.marinefinland.fi

 

また、話が逸れた。

 

 

この時期になると、ようやく外を散歩しようという気力が湧いてくる。日照時間も長くなって、寒さとの相談次第で、比較的長時間、野外に滞在できる。

 

 

↓5月15日時点で、4時くらい日の出の、夜10時半くらい日の入り。

www.timeanddate.com

 

なので、5月になって、私はOuluを散歩した。

よく知らない初めての外国の地が、自分の街になっていったのもこの時期かも知れない。

 

だから、私が歩いたOuluの景色を写真でご覧に入れよう。

 

建物たち。

 

普通のアパートの写真がない気がするけど、まあいいや。

アパートにはガラス張りのベランダ的スペースがあることが多いと思う。

 

 

 

道とか

歩道と自転車道は一緒だけど、車道とはきちんと分かれている。

Ouluの人たちは冬でも自転車に乗る。森の中に道があるので、私はとても好き。

 

鉄塔の形が日本と違う気がする。


まあ、こんな感じであちこち散歩していた。
まだ、木に葉がついていないね。まだ植物とかが力を溜めている時期だ。

 

 

力はパワーだ!

 

 

それでは〜。uuuuuuu! simaaaaaaa!

 

 

 

 

追伸

macbook airで"a"を長押しすると、àとかáとかâとかäとかæとかãとかåとかāとか選択できるの、今初めて気がついた。すげ〜。

う〜しま〜的Oulu観光名所

お世話になります。

うう。しまああです。

 

明けましておめでとうございます。

いや〜。明けましたね。随分と前に。

 

新年は本当にめでたい。あまりにもめでたくて、正月早々、午前11時から午後9時過ぎくらいまで会社の先輩と飲んだ挙句、銀座線を終電1本前まで往復してしまった。新年を全身全霊で祝い過ぎた。その後、財布をスられなかったことを近所の神社の神様に感謝した。

 

たった5軒しかはしごしていないのに、翌日は財布がやけに軽くて、狐につままれた気分にはなったけど。お店の人に中身をたっぷり絞られちゃったらしい。ほとほと困り果てた。

 

 

 

さて、

そんな私、う〜しま〜が独断と偏見に基づいてオススメする、Ouluが誇る最高の観光スポットをご紹介しよう。

 

まず、胸を張って断言する。これから、オススメする観光スポットに関しては、観光客どころか、私以外の人間が行って楽しいのか、さっぱりわからない。プールに週一で通っていたら、母親に「アンタ、おっぱい大きくなったね!」と言われた、我が胸を張って言える。



 

 

  1. Linnanmaa
    言わずと知れたう〜しま〜の元生息地である。Oulun yliopisto(オウル大学)と学生アパートがあるエリアである。

    そして、そのLinnanmaaの横に接する湖Kuivasjärviは言わずと知れたう〜しま〜のランニングスポットだ。夏も冬も走れる世界に類を見ないほど美しいトレイル(う〜しま〜調べ)がある。ちなみに、冬は凍った道で盛大にコケた。それで、歩いていた優しい老夫婦に大層心配された。ランニングは1時間〜1時間半で2周くらいしてた気がする。

    Linnanmaaには、あちらこちらに焚き火できるスペースがあり、どこででも薪を燃やし放題。絵仏師良秀だって、ここに住んでいたら、火の観察に困らないくらい。ただし、たまにアル中に絡まれるので注意。その手のアル中おじさんに日本から来たと伝えると、溢れんばかりの日本への情熱と愛(たぶん)をフィンランド語で語ってくれる。そうした、時折現れる説法師のエタノール混じりの言葉に、私も熱心に耳を傾けたが、japaniという言葉以外さっぱりわからなかったものである。めちゃくちゃフィンランド人の友人が嫌そうにしていたけど、それもまあ良い思い出だ。

    そのLinnanmaaっ子のノリでHelsinkiに行ったとき、Helsinki大学の友達に「焚き火しようぜ〜」と言ったら、「どこで???」と困惑されて、こっちも困惑した。Helsinkiにだってアル中はいるのに、焚き火がなければ、アル中も寛げない。Ouluに住んだあと、Helsinkiに住んだら、愕然としてHelsinkiの評価が2段階下がることは間違いない。


  2. Tokmanni
    Linnanmaaにあるスーパー。フィンランドで一等素晴らしいスーパー。何が素晴らしいかはよくわからない。だけど、素晴らしいのだ。

    生活必需品である、ライフルケースも、ネジも、釘も、トンカチも、ポテチも、ワイン酵母も、ムーミンコップも、ロウソクも、トイレットペーパーも、サバイバルナイフも、テントも、編み物セットも、シャンプーも、NIVEAのハンドクリームも、サウナグッズも、絵葉書も、はたまた食べ物まで揃うスペシャルなスーパー。昔は乗馬グッズも売っていた。なんてファビュラスで💕✨アメージングな💚💖スーパーなんだっ!!


  3. Kirjasto(Oulun kaupungin kirjasto)
    フィンランド語で”kirja"は「本」。"-sto"はあれだよ、あれだ。うん、あれ。たぶん英語の"stock(在庫)"に違いない。これらを組み合わせると、"kirjasto"で「図書館」の意味になる。よし、それっぽくなった。というわけで、町の図書館。keskusta(中心街)の端の方にある。kauppatori(市場)から見て、海側だ。つまり、Linnanmaaからは歩きで1時間半程度。

    私は三度の飯より図書館が好きで、前々前々前世では、プトレマイオス朝アレクサンドリア図書館の建設に大きく貢献したくらいの、元祖図書館っ子だ。なので、この図書館にはよく行った、でも、フィンランド語の本は読めないので、空間を楽しみつつ、wifiのある環境で、パソコンを開いて大学の講義の資料などを読んでいた。本当はフィンランド語の初歩の勉強のために、絵本などを読みたかったのだけれど、絵本のある区画に入る勇気がなくて、結局入れなかった。

    この図書館には、フィンランドの著名なバンドのCDがたくさんあるので、まだCD読み込み機能の付いていた当時のパソコンに、音源をダウンロードしまくった思い出の場所である。フィンランド語版の日本の漫画もいくつか取り扱っているので、フィンランド語の勉強に活用してみるのはオススメ。


  4. Liminka
    チャリでちゃりんちゃりんと2時間くらい?で行ける。違ったっけ? 2時間半?
    Ouluの南にあるOulunsalo(空港があるところ)から、さらに南。車でも結構かかるので、まあまあ遠い。

    世界的な鳥類観察スポットらしい。あの有名なエリマキシギ ruff Calidris pugnaxなどが見られる。でも、かくいう私はあそこで、水鳥すらほとんど見たことない。時期を逃したからね。見たことないんかいっ!


  5. Prisma
    フィンランドで一番優れたスーパー。何が優れているのかは知らない。困ったらPrismaに行けば大体のものはある。Alkoもあるので、アルコールも買い放題(パスポートかIDの持参をお忘れなく)。ケータイ、フィンランド国旗、HaglöfsやHaltiの防寒具、南京錠、サイクリング用の防水バッグ、Salmiakki kosekenkorvaなどもここで手に入る。

    ゼルダの伝説トライフォースのマークをしているので、ハイラル王家の息がかかっているスーパーなのかも知れない。鼻歌で迷いの森(時のオカリナ)のメロデーを唄いながら行くのがオススメ。アパートから、右左右左まっすぐ左右の順に進むと、Prismaにたどり着けるはず。


  6. Koitelinkoski
    なんか「川」。風光明媚な場所なんだと思う。チャリで1時間かからないくらいじゃなかったっけ? 当時の記録を見ると、25km(one way)と書いてあるので、1〜2時間あれば行ける。

    Koitelinkoski


  7. Pub Kuutio
    1人では入るのを躊躇してしまうバー。サーミの研究をしている日本人の人が教えてくれた。「お〜。これはフィンランドっぽい」となる。2人で「なんてフィンランドっぽい場所なんだ!」「そうでしょ!」と興奮した。が、もう1人いた日本人は「???」な顔をしていた。田舎に一軒だけあるbaariと同じ匂いを感じる。なんというかディープな雰囲気なのだ。謎の動画を上げていたので、謎に紹介してみる。

    www.youtube.com






  8. Ruskotunturi
    Ouluが誇るdownhillスキースポット。上まで歩いて登れる。弁天山や天保山愛宕山くらいのノリ。あるいはモエレ山くらいのノリ。Ouluがいかに平坦かを実感するには、もってこいな場所。山の上から見える森が本当に平坦すぎて感動する。Ouluから数日くらい南に下ったJyväskyläとかは結構丘とかが多いから、こっちに来ると、おーすげーってなるかも知れない。

    ruskotunturi.fi




  9. Toppila
    海岸に程近い閑静な住宅街(?)。私が滞在していた時は、お尻を狙うおじさんが出没すると聞いた。冗談で言ったのか、本気で言ったのか、ウソをついたのかは知らない。貞操の危機というスリルを感じたい人は、行ってもいいかもしれない。人は少ないから、確かに少し怖い。私が遊んだディスクゴルフのコースがある。でも、今もあるかは知らない。


  10. Nallikari
    日本で言うところの、多分小樽のビーチ。海外らしい砂浜が広がる、夏の海水浴スポット。海草が生えている。ふーん、って感じの景色。Linnanmaaから歩いて1時間ちょいくらいなはずなので、徒歩圏内。

    Nallikari アイスクリーム屋さんの小屋がある。遊具もある。最高だね。



  11. Hailuoto
    私が結局行けなかった場所。冬は海が凍って、車で島まで行けるんだと言われたけど、行けなかった。何があるんだ??
    思いつくのは、Hailuodon Panimo(ビール屋さん)くらいか。

    hailuodonpanimo.fi

それでは〜。uuu!! simaaaa!!

酔っ払った時とかに使うフィンランド語(そのまんま)

お世話になります。

うう。しまああです。

 

 

 

ゔゔ。2日酔いです。アルコールは感じないけど、体がだるい。

何もやる気が起きない。

 

それなのに、今日は車のタイヤが見事にパンクした。道路に転がっていた何かが原因っぽい。左前輪がバーストして、左後輪がパンクした。写真撮ればよかった。こういう時、リースの車でよかった(ちなみに呼気は測ったけど、アルコールは出てない。フィンランドなら、ビール一杯分のアルコールはオッケーなのに、日本は厳しいからね)。

 

そして、何気に初めて自分でタイヤ交換した。今度から自分でできるかも知れない、と謎の自信を得ることができた。タイヤのパンクもいいことあるなあ、と思った。仕事ない日でよかった。

 

 

 

 

 

というわけで、今日はフィンランド語の話。

なぜか起きた時から疲労困憊していたので、あまり文章を考えたくない。だから、お酒飲む時とか、酔っ払ったときに使えるフィンランド語を書いたメモ的なものを残しておく。

 

発音は前にテキトーに書いたこれを読んで↓

uuuuu-simaaaa.hatenablog.com

 

 

ふう。まずは乾杯の挨拶。

"hölökyn kölökyn!"

私が多分一番よく使った乾杯の挨拶。意味は知らない。"hölökynpä hyvinnii kölökyn"と返事するとかなんとか。でも、普通に"hölökyn kölökyn!"って返せば大丈夫。響きが好きだから、私はよく使っていた。

 

"kippis!"

メジャーな乾杯の挨拶。特筆すべき点はなし。

 

 

 

 

次。「酔っ払ったよ〜」という時の言葉。

"(olen) kännissä"

"(olen) humalassa"

"(olen) päissään"

"olen päissään"は、「Helsinkiいたときは全然聞かなかった」とフィンランド語を喋れる日本人が言っていた。私は普通に使っていた。なんとなくだけど、päissäänの方が酔っているイメージで使っていた。合っているかは知らない。

 

Rutilus rutilusはコイの仲間。Rutilus spiritusは蒸留酒の仲間。
kalaは魚。つまり、KÄNNIKALAは「酔っ払いフィッシュ」

 

 

「ゔゔ、二日酔い...」という時。今の私。はぁ。

”krapulassa”

"kunnon krapulassa(まさしく二日酔い???)"

"tosi pahassa krapulassa(はちゃめちゃに酔ってる)"

 

「でも今はもう大丈夫」

"mutta nyt on kunnossa"(kunnossaは直訳だとin shapeくらいの意味合い)

→「じゃあ、もう飲めるね」ってなって、お酒一緒に飲みに連れて行ってくれるかも。やったね。

 

"Miten voi olla jano, vaikka on juonut koko yön?"
「一晩中飲んだのに、何がどうなったら喉が渇くんだ?」

 

ふう。次。

 

「飲みに行こう!」

"Juomaan!"

多分正式には"mennään juomaan!"だけど、"mennä"「行く」という動詞は省略しても大丈夫。理由として、juo"maan"はすでに「飲み"に"(行く)」という方向が示されているから。詳しくは自分で勉強してほしい。

 

 

 

あとちょい。

「(意訳)くそ、ビール買っときゃよかった(直訳:ここにビールがあればなあ)」

"oispa kaljaa"

めちゃくちゃよく使うフレーズ。これを言えるか言えないかで、フィンランドの生活は大きく変わること間違いなし。

 

 

 

これ大事。

「〽︎日ぃ〜昇るまでビール飲むぞ〜」

"juon kaljaa auringon nousuun"

 

Leevi and the Leavings "Pohjois Karjala (1986)"より

www.youtube.com

12月のラップランドで言うと良いと思う。

1月まで日が昇らないから、ずっと飲める。

 

 

 

 

これだけ言えるなら、日常生活では、フィンランド語で困ることはない。

もはや、フィンランド語ペラペラと言ってもいい。...かもしれない

 

 

 

ちなみに、お酒ネタの写真はもう一枚用意していたのだけれど、若干下ネタが入っていたので、自粛した。アカウントBANされたら嫌だし。

 

 

 

 

それでは〜。

 

 

 

友達のコテージに行った話

お世話になります。

うう。しまああです。

 

 

5月1日のVappuの話をしたのに、3月の話に戻ります。

2月に風邪ひいていけなかったコテージに、3月になって、ようやっと行けた話です。

 

これ↓

uuuuu-simaaaa.hatenablog.com

 

 

金曜日の授業終わりに、Ouluを出発して、友達のコテージに行った。車を持っている人がいるので、乗せてもらって、日が暮れるフィンランドの道路をブオーンと走った。Ouluから車で2時間ちょいだったかな?

 

友達のコテージに着いた頃には、真っ暗だった。

買っておいたお酒の類を、外に出して冷やしておく(私は何度かビールを冷やしすぎて凍らせた。こういう時のためにウォッカを買っておくと、とても安心)。

 

さあ、夕食とサウナの準備をしなければいけない。

この時は、初めてのコテージだったから、要領はさっぱりだったけど。

 

まずは、サウナの準備。凍った湖にメスを入れて、avantoを作らなければならない。

が、パッと見では、夜の闇と雪のせいで、どこからが湖かよくわからない。その辺りは、フィンランド人の行動が早い。雪をかいて、湖の表面に張った氷をすぐに掘り出した。私たち日本人は、雪かきを手伝う係と、懐中電灯で作業するところを照らす係に分かれたような気がする。もう1人のフィンランド人が、慣れた感じで、湖までの雪道に沿って、ロウソクを並べていく。サウナの時に懐中電灯なんて、使っていられないし、明かりがないと、辺りは本当に真っ暗闇だった。

 

暗闇の中で、雪かきをする

 

せっせと雪をかいた後は、氷を切り出す作業をする。

まず、Ice fishingでも活躍した、穴掘るグルグルで、多分6箇所くらい氷に穴を開ける。次に、氷を切る鋸を使って、穴と穴を繋ぐように、鋸でギコギコ氷を切り出す。鋸が入れられるだけのスペースを作るために穴を開けるイメージだ。

 

漫画のキャラが使っていそうな鋸で氷をギコギコ切る

 

ある程度、氷は細かくしないと、湖の水面から取り出すのが大変なので、最初に開ける穴の数は4つよりは多めにしたほうがいいと思う。

 

右奥のavantoとavantoづくりで活躍した道具たち

そうして、氷を取り出すと、avantoが完成する。avantoはある程度、大きくしないと、人が入れない。ちなみに光っているのは、ロウソク。

そして、avantoができたら、saunaストーブに火を入れる。入る前に、しばらく火をつけて置いておかないと、人がいなかったサウナ小屋は寒くて、寒くて、裸ではとても入れない。薪に火をつければ、しばらくは保つものの、たまに薪を足しにくるのを忘れないようにしなければならない。

 

サウナの火。サウナは焚き火が一番。

 

後は、食事の準備だ。食事を作って、食卓を囲んでワイワイやっている間にサウナが出来上がるという寸法だ。

 

Aura juusto

食事の準備をしながら、酒やAura juusto(ブルーチーズ)をつまむ。Aura juustoはフィンランド人の誰かとスーパーに行った時におすすめされた。私は、ブルーチーズは結構好き。これはあっさりめなので、ブルーチーズとしては弱いかも知れない。でも、私はよく食べていた。

 

みんなでビールを飲みながらサウナに入った。

サウナのシーンはないよ。裸だもの。

 

サウナの途中で、裸にタオルを巻いて、仕込んでいたものを食卓に運んだ。

makkara pekoni

ソーセージにベーコンを巻いて、アルミホイルに載せて、ビールをかける。アルミホイルを包んで閉じて、サウナストーンの上に置いておく。すると、めちゃくちゃ美味しいmakkara pekoniが出来上がる。ソーセージをベーコンで巻く、なんていう発想がなかったので、この料理はかなり斬新だなと感じた。とにかく、ここの人はなんでもベーコンで巻きたがる。そして、それは必ずうまい。

 

サウナ後かサウナ前か忘れたけど、

「オーロラが出てるよ」

と言われ、外に出た。

 

チカチカと光るヘンテコなオーロラ

「お〜」と見ている日本人と、「うん、出ているね」と確認して、少し見たら、いそいそとコテージに戻るフィンランド人の友達。私も寒かったから、少し見たら、コテージに戻ってしまった。ちょっと弱めのオーロラだったしね。

 

サウナ後は、ごくごくアルコールを追加摂取して、日本から持参した我らがMont-bellさまの高級な寝袋で就寝した。

 

 

 

次の日の朝はこんな感じ。

雪で覆われた湖(2日目の朝の写真)


「あら、こんな感じだったのね」と思いながら、湖の上を歩く。

歩いていると、(写真を見ての通り)寒く感じる。

 

すると、先を歩いていたフィンランド人が

「寒いか?」

と言って、懐からスキットルを取り出した。

「飲む?」

飲んでみると、中にはサルミアッキウォッカが入っていた。なんだか、体が温まる気がする。「なるほど。こうやって暖を取れば良いのか」と学んだ瞬間だった。

 

まあ、こうやって、思い出してみると、意外とコテージも学ぶことが多い場所だったのかも知れない。

 

私が里帰りしたくなる場所として、真っ先に思い浮かぶのがこのコテージだ。

 

そんなこんなで、金曜の夜から3日間お酒を飲み明かし、私たちはOuluに帰還した。不思議なことに、コテージで優雅に休んだはずが、なぜかめちゃくちゃ疲れていた。

 

 

 

そこで、私は気がついた。

「の、飲みすぎた...」

 

 

 

それでは〜。

 

 

追伸

記事の予備がないので、明日は投稿をお休みします。